2009年3月28日

水環境の再生と保全に関するシンポジウム 2009
    -元小山川、小山川水系を事例として

 

埼玉県の河川に生息する魚類について
(金沢 光様、埼玉県環境科学国際センター)

ライフサイクルリスクアセスメントによる生息魚類の予想と評価
(榊原 豊様、早稲田大学)

イオン交換材料の開発と環境保全への適用について
(山崎淳司様、早稲田大学)

清流ルネッサンスⅡ事業の進捗状況と今後の課題
(林 尚史様、埼玉県本庄県土整備事務所)

植生を用いた河川浄化技術の開発
(木持 謙様、埼玉県環境科学国際センター)

小学生による元小山川・小山川河川調査
(田村純夫様、本庄市立藤田小学校)

本庄市の水環境改善対策について
(内笹井武登志様、本庄市役所)

市民連携とNPOの設立について
(大塚岳史様 NPO法人「川・まち・人プロジューサーズ)

カテゴリー: 2008年度の活動記録(平成20年) パーマリンク